Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

ファイアピットと正月行事。

前回の記事でファイアピットについて書きましたが。

これが生かせるかどうかというのを色んなSNSで知りまして。
とりあえず、思ったことをやってみて。

ロストルをつける必要性。

まず、感じたのは、広げたときの隙間。というか、炭を置いたときの網までの遠さ。
なので、網やらを据えてみました。
そしたら…
キャプスタのカマドグリルのロストルと網がピッタリ。
これで上部までの火が近くなりました。

意外にピッタリしたユニバーサルグリル。

このファイアピットの欠点は付属の網でないと本体が広がらないというもの。
それが解消されました!

それは、テンマクデザインのユニバーサルグリル。
しっかりしたつくりなのでファイアピットを広げるには丁度いいと思ったら。

ピッタリでした。
ま、脚があるのでどうとも言えませんが、先ほどのロストルをあわせれば、ちゃんと火が当たると思います。
写真はありませんけどね。だって、ついさっき合わせたんで。

まずはとんどですよ。

まずは、これらの結果をとんどという広島ではメジャーな正月行事に持って行きたいと思います。

とんどというのは、竹とかで組んだやぐらみたいなのを正月飾りや書初めとともに焼いて無病息災とかを願う行事なのです。昔はそこらの田んぼとかで行われましたね。

その日で炙った炭やら餅やらを食ったらそれこそ無病息災。
今のボクには必要なことです。

ということで、無病息災を願うとともにボクのアウトドアライフの成功を願うとんど。
どうなることやら。