Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

まだ使ってないけどUCOファイアピットの感想。

UCOのファイアピットをAmazonでポチっとして数日。
到着した日は忘年会だったので、翌日にヤマトへ取りに行きました。
箱を開けると…

これを好日山荘で見て一目惚れしてたのですよ。
じゃ、好日山荘で買えよって感じですよね。

中身は1枚ものの説明書(というか組み立て方)とケースと本体と網と網を取り上げるヤツ(結構大事)が。

組み立て簡単。こりゃイケる。

組み立ては簡単です。
畳んである脚を広げてクロスさせると全体が広がって、先ほどの写真の絵のようになります。

これが…

こうなる、と。
その間、間違えても30秒くらい。
もちろん畳むのも簡単なので、嬉しいですね。

ただし、弱点も。

かといって、全能ではありません。
先ほどの写真を見て思ったでしょう。
全部広がっていないのです。

全部広げるにはどうするか。
そう、網をセットするのです。
網が淵にハマる形になってまして、そうするとキレイな完成形になるという。

ま、網をしていない場合は薪でかますということでいいでしょうか。

弱点があってこそのギア。

こう書くと、なんだ良くないじゃないか、となるでしょう。

確かに一瞬そう思いました。
でも、薪一本かませばいい形に広がるでしょうし。
だいたい焚き火台で7千円なら…あ、ファイアグリルがあったかぁ。

でも、これほどのコンパクトさは他を見ればピコグリルぐらいでして。
そのピコグリルも結構しますからね。
そう考えれば、この子を何度も使いつぶしていけばいいのですから(ピコグリル買えない負け惜しみ)。

ま、そのピコグリルも安定感で言ったらどうかというのもありますし。ファイアグリルだって重いですからね。

ということで、弱点さえも愛おしくなるのがアウトドアギア。
とりあえずは、この子は年が明けて地域のとんど祭りでデビューとさせましょうか。