Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

この時期助かる「防風」というヤツ~ユニクロの防風ウォームパンツ~

たぶん「防風ウォームパンツ」で良かったと思うのですが(調べろよ)、これでいきます。ユニクロの今シーズンの新商品。
ま、簡単に言えば「冬の寒さにも耐えられるパンツ」なわけです。

アンダー4千円で手に入れられる機能性。

まずビックリしたのがその機能性。
風を通さない素材(ただのウインドブレーカー素材でない感じが良い)に内側が暖かい感じ。
写真のとおりです。わかりにくいですが、ケミカルっぽくないからアウトドアにしっくり来ます。

あと、裾が縛れるので、足首あたりでしっかり縛れば、ソックスさえちゃんとしてれば良い感じになれます。
実際これ履いて家で掃除機をかけたのですが、良い感じでじんわりと汗が。
エアコンかけてたのもあるんですが、そう考えれば寒いところでもイケるでしょ。

それで3,990円くらいですから。奥さんがヒートテック(しかも極暖)を入れてる隙にかごに入れればいい訳ですから。
ま、買ってくれるかどうかはその家次第ですけどね。

弱点もあるわけで。

かと言って、いいところもあれば弱点もあります。

まず、火に弱い。
でも、これはすべてのパンツに言えますよね。燃えないパンツを探せと言われたら、ワイルドワンのwebストアでうろうろするしかない。検索すりゃいいんですけどね。
でも、燃えにくいヤツって探してもそうないし、かといって見つけたら高いですし。

そう考えたら、アンダー5千円で寒くない、と言い切れるヤツですから。この時期ならワンシーズン持たせれば御の字と考えましょう。
ま、ちょっと位ならツーシーズンはイケるでしょうし。

そして、調べてませんが、ヒートテックとの相性。
ヒートテックなんですけど、ヒートテック単体なので暖かいわけで、それを重ねたとしてもより暖かいわけじゃない。これは色んなメディアで言われてますね。
このパンツもその点が不安なんですけど、ヒートテックを謳っていないので、たぶんイケるんじゃないかな。

とりあえず、この週末にソロキャンプするので試してみたいと思います。

ユニクロは消耗品、という考え。服は消耗品、という考え。

最後に言っておきたいのは、「ユニクロは消耗品」「服は消耗品」という考え。

まず、服自体が消耗品なのです。
いかに長持ちして着ようと思っても、汗とかで黄ばんだりするし、一旦ついた汚れはそうそう取れない。
なので、気に入ったものを手にして着倒す。それが服にとってもいいでしょうし、成仏しますしね。

そう考えれば、廉価の帝王(他にもありますけど)ユニクロはいかにシーズン着倒していくのが良い着方なのでしょうね。
なので、この防風ウォームパンツも着倒してワンもしくはツーシーズン持たせれば、いつか朽ちたときには新しい機能が付いたウォームパンツができるんでしょうし。
そうなれば、またユニクロさんにお世話になると言う。

これが他のブランドでも共通して考えれば、クローゼットの中の服もスッキリとなるでしょう。

そう言ってるボクはその真逆なんスけどね…