Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

西日本人には遠すぎるぜ、アルプスは。その2

まずは、その1はこちらに。

estrellajiro-outdoor.hatenablog.com

その1では徳澤に行くまでの心折れた状況をお伝えしました。

関係ないですが

メレルのジャングルモックを購入しました。
キャンプなんかではすぐに脱ぎ履きできるジャングルモックは貴重な戦力。
今週末にキャンプとはいきません。ボクが関わっているイベントがあるためです。
しかしながら、そのイベントはフットワーク軽くいかねばならないので、ジャングルモックでGO!です。

そのため、アメダス(靴に吹きかける防水スプレー。靴屋さん一押しらしい。)を玄関で吹きかけたのですが、これがガス臭い。案の定、換気してないとかで妻に叱られました…次回からは気をつけます。

そんなこんなでジャングルモックでどれだけ仕事ができるか、これから試したいと思います。

徳澤園って山小屋と言うよりかは…

閑話休題、でしたね。話を戻しましょう。

無事にチェックイン時刻に徳澤園に着いた我々は説明を受けながら装備を外していきます。
必要事項を記入したらお部屋にGO、なわけですが。
我々は個室を2月1日の段階(徳澤園のシーズン宿泊予約は2月1日から始まります)で押さえておいたのですが、キャンセルが出た関係(雨が酷かったからね)でなぜか部屋がアップグレード!和室が洋室になりました。

広くはないですが、そこらのビジネスホテルよりいいもんです。オイルヒーターも完備で過ごしやすかったです。

で、一般客や隣接のキャンプ場からも来れる食堂にて。
ここまで来てギネスが飲めるとは!
ま、この後にプレモルもいただいたんですが(笑)

晩御飯。
至れり尽くせりとは、このことか。

仕上げはステーキ。これで折れたココロも癒されました。
といいますか、治りました。

以上を踏まえて、徳澤園って、相部屋(大部屋)でなければ、ホテルじゃん!てな感じです。

また行きたいと思わせるところって。

翌朝もスッキリ(結構呑んだのにね)で次の目的地に向かったわけですが。
思ったのは「サービスが行き届いたところって、また行きたくなるよね」
当たり前ですが、サービスって大切ですね。比較的不便なところにいたら、より分かります。

今回の徳澤園はそう感じさせてくれました。
そのサービスの良さを知って、異業種ではありますが「オレもちゃんとしよう」と思ったのでした。

次回は徳澤より4時間。凅沢に向かいます、の巻。