Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

マイ・ファースト・オピネル。オピネルのナイフはオールマイティー。

アウトドアにどっぷりと浸かっているなか、購入せねばならないものがひとつありました。
それはオピネルのナイフ。
実は既にビクトリノックスのハントマンを持っていて、ナイフはいいかぁ、と思っていたのですが、ネット記事で見る度に「やっぱ欲しいよなぁ」となりまして。
そして、先日ついに購入しちゃいました。キャハ!(男が使うリアクションではないが)

ちなみに、写真上がハントマン、下がオピネルナンバー8です。

オピネルナイフの魅力

まず、オピネルナイフにはカーボンとステンレスと刃が2種類あります。
簡単に言うと錆びやすいかそうでないかの違い。あと使い込んだときの見た目。
錆びにくいのはステンレスですが、使い込んだときの見た目はカーボンの方がいいでしょう。
で、魅力ですが、使いやすさと見た目の美しさ。
機能美といいますか、カーブがかった柄はとても掴みやすく扱いやすいです。
生産されているフランスでは「マイ・ファースト・オピネル」という感じで、初めて扱う刃物としてステイタスがあります。

オピネルナイフの威力

ナンバー6(たぶん6インチ)からの品揃えですが、威力は共通してしっかりとした切れ味があっていいんですね。
ボクはステンレスのナンバー8(たぶん8インチ)を購入しましたが、特に前もって研がなくても食べ物だけでなくビニール類なんかもサクッと切れます。
なので、キャンプのキッチンはこれひとつでまかなえますよ、これマジ。

オピネルナイフはここで買え!

オピネルナイフはアウトドアショップで扱ってますが、広島で買うとなると「モンベルショップ」がいいでしょう。なぜか他店より安いですし(ナンバー8が2千円でした)。
そりゃ、Amazonなどのネット通販が安いんでしょうが、オピネルナイフは柄が微妙に違う(木の材質によるため)ので、実店舗の方が「自分のナイフ」をゲットする喜びがあるでしょう。

さぁ、使い込むぜ。

ということで、キャンプのキッチン(といっても大体はテーブル上なんですけどね)はオピネルが制しました。
あとは実戦投入を待つばかりです。楽しみだなぁ。

そういえば、オピネルナイフの柄が収縮する(木なので水分に影響されますから)ので、それを防ぐのに油に漬ける(何油かは忘れました)ということをされるケースが見られますが、木の柄部分の扱いに気をつければなんとかなるんじゃないかと思います。あと、手の油で多少は効果は見込めるかと(想像)。

年度末忙しい日々ですが、天気もしばらくいいので、花見がてらデイでも泊まりでもキャンプするのがいいでしょうね。
あ~、キャンプ行きてぇ!