Estrella Jiro's Outdoor

Estrella Jiroがお送りするアウトドアライフ。

笑’sのソロ用焚き火台「B6君」はぼっちの世界を楽しむためのツールです。

メインブログでも書いているんですが、笑’sさんのB6君がとてもいいギアなので、改めて書いておこうと思います。
ならば、メインブログのリンクを貼ればいいじゃんとなりますが、そのリンクを貼るのがめんどくさいので(笑)、改めて自分の感想を書いておこうと思います。

笑’sって?

まずは、笑’sさんのいいところを書いておきましょう。

かゆいところに手が届く

笑’sさんのギアはファミリーキャンプ用というよりかはツーリング用のものを作っておられます。
それゆえ、小さくまとまるギアが多いですね。
小さくまとまるということは荷物がかさばらない。ソロキャンプにはもってこいなのです。
また、こうだったら面白いのになぁ…ということを解決させてくれるギアが多彩なのです。

マジ、コスパ良し

まず、B6君自体が6千円程度で買えます。
これはたぶん同等のものよりかは高いでしょうが、組み立てたときの耐久性や使用感は抜群に違います。いくら使ってもへこたれません。
最近ではキャンプギアでも使い捨て的なものがはばかっている中、使い込んでいける耐久性が最終的なコストパフォーマンスの違いを見せてくれます。

オンリーワン感を持たせてくれる

最後にオンリーワン感を持たせてくれる、ということです。
笑’sさんの製品は西日本(特に中四国地方)では流通しておらず、ボクもWild-1さんの通販で購入したくらいです。たぶん、Wild-1さんは京都あたりが最も西だったはずで…
そのため、みんなとはちょっと違った感が出しやすいギアなのです。
あと、使い込んだときに側面の「笑’s」のパンチングがいい感じになっていくのがオンリーワン感を持たせてくれますよね。
…と言っていくと、結構笑’sさんの商品を持っていたりするので、確実にオンリーワンではなくなってしまうのですが。

B6君って?

では、B6君について書きましょう。

「コンパクト焚き火グリル」という触れ込みのとおり、焚き火にもグリルにも使えるスグレモノです。
ですが、ボクは焚き火にはまったく使用していません。だって普通の薪が入らないから。薪を割れよ、というご指摘もありましょうが、B6君でいう焚き火とは山の小枝を集めて燃やしていく(あくまでも小枝集めにはマナーを守ってください)ものだと思っています。

なので、グリル。これがかなり使える。
かなり使えるが故に、もう1台買ってしまった次第です。
おひとり様で使うにはちょうどいい量の物を焼いたりできます(別売りのグリルプレートを買う必要がありますが)。ソロキャンプで普通のバーベキューグリルでは手持ち無沙汰になりかねないのですが、B6君だとちょうどいい量になります。
f:id:estrellajiro:20171108113313j:plain ちなみにB6君、その名のとおり、B6用紙の大きさです。畳んでも組み立てても。

B6君のカスタマイズ

B6君で楽しみなのが、カスタマイズ。
専用のものを購入して足すのもあり。意外と相性のあるモノを見つけ出すのもあり。

100均の角型トレイ

まずは煤などが受けれるようにするために100均でステンレスの角型トレイを。
これが煤だけでなく油なども受けれて意外と使えますので、卓上で使うには必ず買っておきましょう。

専用燗グリル

そして、カスタマイズといえば、これ。

燗酒をつくりながらつまみを炙っていただくという、日本酒が好き嫌い問わず一度はやってみたいシチュエーションを満たしてくれるものです。
f:id:estrellajiro:20171102174530j:plain
ボクは燗酒つくりながらネギまを焼いていただいたりするのが好きです。アウトドアでいただく燗酒はかなりイケますよ。
なお、カップ部分は別に保管しておいて、プレートはB6君本体をスタッキングできるやり手のギアです。

ハードロストル

あと、ガンガン物を燃やしたい人は、付属のロストルでは曲がりやすいので、ハードロストルを買っておくといいでしょう。

B6君を持とう。

まず、B6君はソロキャンパーには憧れのギアです。これマジ。
ただ、ソロで使うだけでなくペアでキャンプするのにも向いています。
卓上でのんびりと肉などを焼くにはもってこいです。
もしくは炭おこしをB6君でしておいてバーベキューグリルに炭を提供するのもいいでしょう。
ウチの場合、ロゴスのピラミッドグリルevo-Mを使っている(これもまたいいギア)ので、B6君とピラミッドグリルでコンパクトなバーベキューライフをすることができるようになりました。その厚さ、普通のバーベキューグリルの4分の1くらい!この差は車に積むときにかなり違ってきますよ!

ということで、ファミリーでも使えるB6君。
でも、一番楽しめるのはぼっちのシチュエーション。一人夜につまみを焼くにはもってこいなのです。

それでも満たされない方はひと回りもふた回りも大きいA4君がありますので、いかがでしょうか。

そういえば、最近B-GOというB5判のものがお試しで発売されてましたが、速攻で売り切れてました。
レギュラー販売が待ち遠しいですね。笑’sさん、本当にいいところ突いてますよね。

あ~、もうすぐ3月。天気が良くなりだしたら庭でひとりB6君でやっちゃおうかな~。
もしくは花見シーズンにB6君フル稼働させましょうかね。2台持ってることだし。